おんかつ@久慈市

地域創造登録アーティストとして、初めてのおんかつで岩手県は久慈市に行ってきました。
b0228469_23294116.jpg


子育て支援センター、久慈病院、保育・老人施設、小学校と4カ所でアウトリーチを行い、最後に久慈のシンボル、アンバーホール大ホールでリサイタルをさせて頂きました。

b0228469_23574979.jpg


たった3日の滞在でしたが、1週間分くらい充実した日々でした。
そして、本当にどこに行っても人が温かい!ホテルもお蕎麦屋さんもホールの方達も、お客さんも。

病院でのコンサートの後には、お話しが出来ないご老人がボードに”ありがとう”とメッセージを下さいました。保育園では子どもに”帰らないで〜”と引き留められて、後ろ髪引かれる思いで保育園を去りました。今回のおんかつでは本当にたくさんの人々に出会い、たくさんの温かいお気持ちを頂き、音楽を届けにいったはずが逆に私の方が感動を頂いたような。。。



今回はアウトリーチ先が全部違うところで、対象が異なっていたのでプログラム作りにとても苦労しました。演奏時間も重要です。小学生は一時間みっちり出来ますが、未熟児だと30分が限度、などなど。準備も出発ギリギリまでかかり、現地に行ってからも、コーディネーターさんと話し合い、改善出来ることは改善したり、新しいアイデアを取り入れてみたり、と強行スケジュールの中、空き時間にリハーサルを行い、アンバーホールと地域創造のスタッフ皆さんのお力もあり、とても良いおんかつとなりました。
b0228469_022280.jpg

子育て支援センターにて
b0228469_023850.jpg

b0228469_0234839.jpg

病院コンサート
b0228469_0251674.jpg

b0228469_0262480.jpg

保育園・老人施設
b0228469_02622.jpg

大人が真剣に演奏をすると子どもたちもじっくりと耳を傾けてくれます。
b0228469_028137.jpg

b0228469_0284957.jpg

小学校でのアウトリーチ
b0228469_0293579.jpg

b0228469_0301675.jpg

そしてリサイタル
b0228469_0305620.jpg




東北に訪れたのは初めて。アンバーホールの方のお話しを聞きました。震災の時は津波が町に押し寄せるのをホールの上から皆で見ていたそうです。生々しい当時の様子を聞いてなんともお返しする言葉が見つかりませんでした。幸運にもホール両脇を流れる川のおかげでアンバーホールは無事だったようで、お陰様で私も今回こうしてリサイタルをさせて頂くことが出来ました。でも、まだまだ被災してられる方が数え切れないほどいらっしゃる事を改めて考えさせられました。

滞在最終日の夜は、彦根温泉に連れて行って頂き、そのあとも美味しい物をたらふく食べて、とても幸せで楽しい夜を過ごしましたが、ホテルに帰って寝ようと思った頃に地震。結構揺れました。ペットボトルの揺れる水がおさまるまで、祈りながら見つめていました。

これ以上地震が日本列島を襲わないことを祈るばかりです。


今日は九時間近くかけて大阪まで戻って来ました。移動で一日が終わりましたが、眠っていたブログを呼び覚ましました。笑  さて、9月からはオーケストラも忙しくなります。9月には地元とんだばやしでクラリネットのコンサートもします♪またコンサート情報も随時更新いたします♪
[PR]
by NANA-CELLO | 2012-08-27 00:37 | ☆アウトリーチ活動
<< シーズンが開けて。。。 トスカ中締めパーティー >>