「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一万人の第九

さて、今年も一万人の第九の季節がやってきました!
コチラは去年の映像です♪
去年はPACと仙台フィルさん、京響さんとの合体オーケストラでとても華やかで楽しかったです。
今年は残念ながら、PACオケとエキストラの方達のみですが、今年も一万人の歌声と共に素晴らしい感動を世の中にお届けいたします!

日本で第九は最もよく演奏されるクラシックのレパートリーの一つだと聞きますが、私はドイツにいたせいか?去年まで演奏をした事がありませんでした。
去年初めて演奏したのは神戸室内合奏団さんでボッセ先生の指揮でした。あの夜の事は忘れられません。あの日は私にとって初めての第九。そしてボッセ先生にとっては最後の第九となりました。

コンサート当日のゲネプロでボッセ先生がこう仰られたのです。
(一言一句までは覚えていないので内容は大体です)
”今日第九を初めて演奏するメンバーが何人かいると聞きました。私にとってはおそらく今日が生涯で最後の第九となるでしょう。もう数えきれないほど何度もこの作品を向き合ってきましたが、今日も、初めて演奏するような新鮮な気持ちでコンサートを迎えたいと思います。”

そのボッセ先生の言葉が私の脳裏にしっかりと今でも焼き付いています。

あの日のコンサートで私は本番中に後光が差してきたように見えました。
ボッセ先生のお姿とベートーヴェンのこの作品があまりにも神々しく感じられたのです。

ベートーヴェンの作品は本当にどれも内容が濃く、その一音一音に至るまで強い思い、意思みたいなものが込められています。彼の歩んだ壮絶な人生、苦悩、そして彼の最大の魅力である希望、それらがぎっしり詰まった彼の作品はどれも大作といっていいくらいですが、特にこの第九は特別だと思います。彼の人生、人格、全てが曲に詰め込まれている気がして彼のその苦労と優しさに涙がでてきます。

そしてそのクライマックスの喜びの歌を日本人一万人が集結してドイツ語で歌うのです!
なんともいえない力強さ、団結、救い、希望を生み出すのです。

去年、佐渡監督と打ち上げの席で少しお話させて頂いた時に、”監督、私、次回合唱に参加したいです!”って言ったら、監督は笑ってらっしゃいましたが、私は本気です!笑
あの一万人の中の一人になって歌ってみたいな〜と思います。PACのメンバー卒業したら、次回歌でこっそり参加しようかな。。。。なんて企んでみたり。。。。


とにかく、これだけの人が集まって一つの事を作り出すというのは本当に素晴らしいことだと思います。今年も張り切って演奏します!明日から大阪城ホールで練習です。


テレビでの放送はまたお知らせ致します〜♪
[PR]
by nana-cello | 2012-11-29 21:53

充実した日々

さて、最近おかげさまでオケも室内楽もソロも充実した日々を送らせて頂いております。
昨晩は多川響子さんのピアジュリアンでのベートーヴェンシリーズにゲスト出演させて頂きました。
写真は聞きにいらしていたKさんから頂きました。
b0228469_23542960.jpg


b0228469_23535834.jpg

ベートーヴェンのソナタOp.5-1を演奏しました♪

久々のピアジュリアンでした。次回は来年1月25日に”奥田なな子ライヴ”開催いたします!
まだ内容は未定ですが、是非遊びにいらしてください!

さて、翌朝だった今日は芸分センターでバイエルン放送響首席メンバーによるマスタークラスを受講しました!只今バイエルン放送響は日本ツアー中です。実はPACオケの創立にはバイエルン放送響のメンバーの方々が深く関わられています。というのもこのPACオケのアカデミーのシステムはバイエルン放送響のアカデミーを模範とし創立されたそうです。そんなバイエルン放送響とつながりの深いPACだからこそ実現した今回のマスタークラス。チェロは首席のセバスティアン・クリンガーのレッスンでした。受講メンバーが3人だけでしかも、他の二人は1ブロックでいいと確認がとれたので、私は一時間半受講になり、さらには延長で二時間もたっぷり聞いてもらうことができました!!!!

しかもしかも、彼のCDまで頂いてしまいました!!!(><)幸せすぎるーーー!!!
b0228469_0102391.jpg

手前のCDはなんと新発売のもの♪

本当に素晴らしいレッスンで、更なる課題が見つかったと同時に、どんどん曲が仕上がっていくこの課程に興奮ですっ笑。やっぱり私はドイツ音楽、ドイツ語が好きで、ドイツに留学してよかったと改めて思いました。ドイツ人のドイツ音楽の解釈はやはり素晴らしい。というか、自然。そしてやはりドイツ語と密接な関係があります。ドイツ人のドイツ音楽の解釈の基本はドイツ語の発音そのものなのです。ハキハキ話すのと同じでとても明確、論理的でナチュラル。だけど究極のシンプルだからこそごまかしがきかない、逆の難しさもあります。すごく華やかではないかもしれないけれど、派手なことはせず、ひたすらいい音とクリアな発音を追求し、王道を貫くドイツ人スタイルが私は大好きなのです。ドイツ音楽が好きすぎて、ロシア音楽はおろか、フランスものなど他国の音楽のレパートリーが全くといっていいほどない私。だ、大丈夫かな。。。ドイツ音楽のレパートリーが膨大すぎてなかなか他国まで手が届きません。。。。

それはさておき、コントラバスクラスは両親の留学時代の旧友ハイナーのマスタークラスでした。母も急遽ハイナーに会いにセンターまで。ゆっくり二人でランチをしながら話せたそうでよかった♪私もその後ハイナーに会い、
”初めまして!”と言ったら、”ナナコ、覚えてないかもしれないけれど、ナナコが小さい頃に会った事あるんだよ、だから初めましてじゃないんだ。笑”と言われました。

さて、今日はセバスチャンのレッスンや両親の旧友ハイナーとの再会などのおかげでとても良い一日を過ごせました。

そしてそしてそして!!!!!。。。。。

次の私の楽しみは、年末にベッチャー先生が来日する事です!!!!

久しぶりの再会!
元気なベッシャーじいや(別名、笑)に会える事をとてもとても楽しみにしています!!!

さて、明日も仕事が朝早いので今日のご報告はこのへんで。おやすみなさい〜
[PR]
by nana-cello | 2012-11-26 00:21

PACオケ、今シーズンメンバーパンフレット

さて、今週は定期公演
のプログラムがオールプロコフィエフ×井上道義さんで、ハードな一週間です!
どれも、技術的にもアンサンブル的にも難易度が高いので、練習もみっちりで体力も精神力も普段のプログラムより消耗するようで、リハの後は皆ぐったりで、まっすぐに家に帰り睡眠をとる団員の仲間が多かったです。今日はNHKの録音も入り、普段以上の緊張感の中、無事一夜目の公演を終えましたがまだ2公演のこっているので、体をしっかり休めて明日、明後日の公演も頑張ります!

さて、9月からPACオケのシーズンが新たにはじまったのですが、やっと新しいメンバーパンフレットが出来上がり、私たちの手元に届きました。PACオケならではのこのパンフレット。定期会員の方には無料で配布、一般には300円で販売されているそうです。笑

b0228469_2253091.jpg


このようにメンバー全員の顔写真とインタビューが掲載されていて国際色豊かなメンバーの個性的な一面もみれる楽しいパンフレットです♪今シーズンからチェロもアメリカ人とカナダ人の新メンバーが加わり新鮮でとても楽しいです♪

お気に入りの一品
[PR]
by nana-cello | 2012-11-16 22:20