カテゴリ:☆アウトリーチ活動( 7 )

アウトリーチカフェ (地域創造)



b0228469_045881.jpg



今日は私が登録アーティストとしてアウトリーチ活動をさせて頂いていた(現在は支援事業アーティストとして活動させて頂いています)地域創造のアウトリーチカフェなる催しもので赤坂の事務所に行ってきました♪

b0228469_045185.jpg

本日の講師でヴァイオリニストのイソさんと他のアーティストの方々

アウトリーチカフェは今年地域創造で始まった会で、経験豊富なOBアーティストの経験談を聞いたり、質問コーナーなどから議論したりする場です。今日も話題になったのは、なかなか他のアーティストのアウトリーチを見学する事ができないこと。というのも、地域創造でのおんかつの行き先は地方が多いのでそこにわざわざ出向くのは大変なので、お互いのアウトリーチを見学する機会がありません。

なので、今日はイソさんの経験談を聞いたり、他のアーティストのアウトリーチでのアイデアを聞く事が出来たのでとっても勉強になりました。何より、地域創造の父であるコダマプロデューサーとたくさんお話(ほとんど悩み相談。。笑)出来て、今後のアウトリーチに向けて心新たに色々チャレンジしよう!と思う事ができました。

これからはブログで私のアウトリーチ経験日記も少しずつ書いていこうと思います。(^^)
[PR]
by nana-cello | 2014-12-17 00:20 | ☆アウトリーチ活動

コラボレーション企画Vol.1

6月は普通のコンサートとは違うコラボレーション企画に初チャレンジでした!

まず一つ目はチェロ無伴奏コンサートをキャンドルの明かりと共にお届けするというもの。
キャンドルの光とチェロ独奏って聞いただけで良さそうですよね。

お昼間のコンサートなので、ランチ後にいらっしゃるお客様の眠りを誘ってしまうのではと思いましたが、本番はイビキが聞こえるどころか(笑)ものすごい静けさとキャンドルの灯火の中で集中して演奏する事ができました。

アンコールの様子がキャンドル演出で共演頂いたキャンドル教室のWEBサイトに掲載されていました。(転送)↓

b0228469_20334386.jpg



無伴奏リサイタルというのは、たった一つの楽器で通常のリサイタルのように90分プログラムを一人で乗り切るという事で、弾く側も、聞く側も集中力が必要なのでハードルが高いとされています。普段、ピアノとのデュオが多い私にとっても、この無伴奏リサイタル自体初めてだったので、とても不安がありましたが、姉にナビゲーターとして賛助出演してもらい、とってもとっても助けられました!普段トークコンサートをしていますが、演奏だけで超大変な無伴奏コンサートでトークもするとなると気力・体力共にいつもの2倍くらい必要になります。

今回が初めての無伴奏ということで、失敗が出来ないので姉に助けを求めました。(**;)
姉は昔はヴァイオリンでパリに留学をしたほどヴァイオリンの演奏を専門に勉強していましたが、もともと色んな分野に興味をもっていたので、一度音楽から離れ、京都の立命館大学国際関係学部で学び、再び留学。卒業後はやはり音楽の世界に戻りたい、と東京藝大大学院の応用音楽科に学びます。そしてその後公共ホールであるびわ湖ホールに就職。そしてこの6月をもって退職、フリーとして活動を始めます。激動の10年間だったと思います。

音楽や国際的な知識が豊富で原語も多数あやつる姉は、フリーでの活躍が期待されます。

そんな姉なので、本番前は緊張してきた、と言いながらも本番はかなりの落ち着きぶりでトークもプロ並み。本当に感謝です。



さて、今回のキャンドルコンサートは兵庫県尼崎市のアルカイックホールさんで催されましたが、前2日間は”おでかけアルカイック”といって、おととしから私もお手伝いさせて頂いている小学校での訪問コンサートがありました。



2日間で4公演。たくさんの子ども達と出会いました♪

尼崎アウトリーチコンサート
[PR]
by nana-cello | 2014-06-18 20:33 | ☆アウトリーチ活動

「つながり」〜感動、大興奮、サプライズいっぱいのおんかつin 今治〜

登録アーティストとして最後のおんかつは、愛媛県今治市に行ってきました!

山道は本当に道端にゴロゴロとみかんが贅沢に転がっていました!川にみかんの皮が流れてきた時は、やはりここはみかんの国だ!と実感。笑 柑橘類大好きで、普段からみかん一日に4〜5個は食べる私にとって愛媛は天国でした。

訪れる前から今治はとても魅力的だったので、楽しみにしていたのですが、想像以上の素敵な出会い、再会、サプライズなど盛りだくさんで本当にたくさんの感動を頂いた4日間でした!

地域創造の”おんかつ”は公共ホール活性化事業が目的で、地方のホールをもっと町の皆さんに知って頂いて使ってもらいたいという目的なのですが、今回はそれを越えた大きな”つながり”の場となったように思います。

あまりにも濃い4日間。。。どこから書いていいのかわからないので、とりあえず写真と共にお届けいたします♬コンサートの写真は後日スタッフさんから到着次第掲載します♪
b0228469_1242414.jpg


飛行機に乗るときはいつも延長ベルトを借りてしっかりシートベルトをして隣に大人しく座ってもらいます。笑 羽田ー松山間は飛行機で一時間半弱なのであっという間に到着です。

b0228469_12415735.jpg


松山駅から今治駅まではアンパンマン列車でした♬ドキンちゃん車両〜。


MORE↓

まだまだ続きます
[PR]
by nana-cello | 2014-01-20 15:21 | ☆アウトリーチ活動

おんかつ☆一戸町

b0228469_18321723.jpg
地域創造のおんかつで、岩手県は一戸町におんかつで行って参りました~!!同じく登録アーティストでもあり、PAC先輩ヴァイオリニストでもある佳奈ちゃんとのジョイント企画でした。帰りは急ぎで一足早く打ち上げ会場を去ることになり、とってもとっても名残惜しかったです。もっともっと皆さんと”南部美人”片手に(笑)お話したかった。。。泣。

大阪からの長旅だったため、東京で前泊してから、翌日一戸へ。
現地入りしてすぐに、御所野縄文博物館・公園を案内して頂きました。

縄文博物館や縄文土器など、出発前の資料で色々町の歴史などについて資料を頂いていたのですが、いまいち縄文時代というキーワードにワクワクしていなかったのですが、(ごめんなさーい)実際に4000年前の土器を目の前にするとかなりゾクッとしました。緻密に再現された竪穴式住居にも入ることができました!ここも本当に好奇心旺盛な私にとって何かひらめきそうなワクワクする空間でした。笑





本物に触れるってこういう事なんですね。。。
b0228469_18442454.jpgb0228469_18425773.jpg





って、、、私たちは歴史あるクラシック音楽を町の皆さんにお届けしにいったわけなのですが、その一万何千年にも遡る縄文の歴史に触れて、逆にその最も古く、壮大な縄文の歴史に感動させられました。そんな印象深いスタートではじまったおんかつ。



b0228469_18544033.jpg

翌日目を覚ますとそこは銀世界!!!いや本当に何もかもが雪で覆われて別世界にタイムスリップしたような光景が広がっていました!一日目はアウトリーチ先の場所の関係で奥中山のスキー場に宿泊。数日後にスキー場開場するだけあってすごい雪でした。その真っ白な光景に出演者、スタッフ一同テンションが上がりました。地域創造M上さんに誤って硬く丸めた雪が直撃するところでした。(殺意はありませんでした。。。笑)そして、夜は宿泊施設の温泉でゆっくりつかりました。白湯はお肌が綺麗になるときいていたので、顔にお湯をすりこみました。笑 一回じゃダメかな。。。

b0228469_1934933.jpg
b0228469_1935758.jpg

アウトリーチ初日の午前中は奥中山小学校へ。黒板にとっても素敵な絵が描かれていて素敵なサプライズが私達を迎えてくれました。私も実は最近のマイブームお絵かきをプログラムにしてみました。おんかつの内容を考えながら紙も上でお絵かきしていた結果、楽しくなってきてお絵かきプログラムというのを最近やっています。子供達に音楽を楽しんでもらうのには特に、カタカナの文字の羅列ではなく、絵で表現すると楽しさが増すのでは?と我ながらナイスアイデアだと思います(自画自賛)
しかも、私の絵が本当に子供っぽいので、それがまたいいと思います。笑

今回はプログラムの都合で作曲家の顔を全部描くのが困難だったため、ヴァイオリンとチェロの絵にしてみました。
また、子供達との共演など、アウトリーチの様子がいちのへドッキドキFMの取材ページに掲載されています♪

b0228469_1910552.jpg
b0228469_19102696.jpg


そして午後は結カフェでクリスマスコンサート☆ここでコンサートの後、結カフェで働かれている方達と交流会があり、シュトレンを頂いたのですが、ここのシュトレンがドイツで食べていたオリジナルのシュトレンと全く同じ味、しっとりさで感激でした!クリスマスシーズンになると日本でもそこらじゅうでシュトレンがならんでいますが、正直あまり美味しいのに出会えてなかったので、とっても嬉しかったです。レシピ教わりたかったくらい。。。

b0228469_19204846.jpg(撮影by地域創造S課長)


b0228469_19224566.jpgb0228469_1922339.jpg
b0228469_19222011.jpg
b0228469_1922467.jpg
アウトリーチ2日目は一戸小学校と鳥越小学校へ。一戸小学校では、コンサート後に5年生のみんなと給食を食べました。子供達とたくさん会話ができて楽しかったです☆担任の先生と子供達が仲よさそうで素敵な雰囲気でした。午後の鳥越小学校は校庭が写真の通りまーーーっしろ!!飛び込みたいという衝動に駆られましたが、コンサート前でさすがに勇気も元気もありませんでした。鳥越小学校は人数が少なく、全校生徒で23人?だったかな。。1年生は2人だけでかわいい女の子達でしたが、とっても積極的でいつも二人が争うように一番に手を挙げてたくさんの考えを教えてもらいました。その二人の意見がすごくて本当にびっくりしました。2人だけって寂しいけど、切磋琢磨できる環境はすごくいいなぁと思いました。あ~ほんとに可愛かった。そしてここの学校では、今までに見たことのなかったブサ可愛いベートーヴェンの肖像画が!!(ちょっとコーフンしましたっ笑)貴重な絵だったので撮影しておきました。笑 ここでは素敵な手作りの竹細工も頂きとても嬉しかったです。

b0228469_19265212.jpg
(氷点下4度になるとホールの屋根につららが!落ちてくると危なそう。。。。)2日間のアウトリーチを終え、最終日のコミティセンターでのコンサートに向けて夜まで練習!夜遅くまでスタッフと共に頑張りました。疲れのせいか変なテンションのまま、ホールの廊下に置いてあったママさんダンプ?と言うらしき雪かきの道具を目にするや。無性に雪かきをしてみたくなり、夜の一段と冷える中、コートも着ないでかなちゃんと二人でママさんダンプを(無断で。。。ごめんなさいいい)外に持ち出し、ホール裏の駐車場で雪かきをしてみました。本当に大変な力仕事だという事を身を以て体験。雪景色の美しさと引き替えに大変な苦労があることを知りました。


最終日コンサートは(写真は後日頂くのでアップします♪)アウトリーチの甲斐もあり、知り合った子供達がたくさんきてくれました!ホールの席はほぼ埋まり、外の寒さを忘れるほど、とってもとっても温かい雰囲気が開場に出来上がっており、私達も俄然やる気で思いっきり演奏できました!

そして、個人的なサプライズは、なんといっても、去年おんかつで訪れた久慈のアンバーホールの皆さんがいらっしゃった事です!!本当に素敵な方達だったので、ここで再会できてとても嬉しかったです。なんだか、遠く離れた東北のコンサート会場に来れるはずのない自分の家族が客席に座っているかのような気持ちにさえなりました。いつもおんかつの訪問先はとても大阪から離れた場所が多く、現地でたくさんの出会いがありますが、再会できる確率はとても低く、本当に一期一会という思いで旅に出ますが、今回こうして再会できて、いつか再会できる日もあるんだ、と思いました。久慈といえば、私が訪れた直後、あまちゃんで超有名になりました。やはりあまちゃんブームで町は観光客で賑わい、大忙しになったそうで、アンバーホールも賑わっていて、私なんて忘れ去られたのではと思っていましたが、ホールの皆さん達は一年前と変わらず、のほほんと素敵な雰囲気でした。

また是非行きたい久慈。あまちゃんブームが落ち着かないと宿泊が困難だそうですが。。。

b0228469_22351259.jpg

終演後はコンサートを主催、支えてくださった皆さんと打ち上げ!最高の日本酒、南部美人をご馳走して頂きました。梅酒も頂きましたが、こんな美味しい梅酒あったんですね。。。梅酒は普段ほとんど飲みませんが、その美味しさに感激でした。

そんなこんなで今回も私達と一戸の皆さんとの出会い、そして小学校の子供達との再会、アンバーホールの人達との再会、たくさんの”つながり”が出来ました。音楽を通して本当にたくさんのつながりが出来ます。今後も、音楽を一つのツールとしてつながりが広がっていくといいなと思いました。

12月は。。
[PR]
by nana-cello | 2013-12-15 23:04 | ☆アウトリーチ活動

おんかつ☆大崎上島(広島)、そして黒部(富山)へ

9月は地域創造のおんかつでまず、広島県の離島、大崎上島にいってきました!

アウトリーチで小学校や中学校で4公演。それから最後に神峰ホールでリサイタル。これが3日間の間に凝縮されているのでなかなかハードなスケジュールですが、ホールの方々初め、小学校の訪問などで、たくさん可愛い子供達、たくさんの素敵な人々に出会う事ができました。

今回のおんかつでは、現地に向かう数日前になんとなくお絵かきをしていたら、だんだん楽しくなってきて、夢中になってしまい、結果、手描きプログラムを作ってしまいました!

絵で表すとクラシック音楽がもっと楽しくきこえてくるでは、と、我ながらナイスアイデア!?笑

b0228469_19385252.jpg


なにぶん、数日前に思い立ったので、下から半分は自己紹介コーナーで無理矢理埋めた感があり、あまり満足のいく出来上がりではないですが、アマチュアお絵かき&初心者ですので、これくらいでお許しを〜。笑

b0228469_19393520.jpg


b0228469_19395873.jpg

大阪に帰る日にはもうすでに、3日間のコンサートのダイジェスト版ポスターを作って頂いていました。小学校のコンサートでは、私のお絵かきプログラムが超巨大ポスターになっていて、ちょっと恥ずかしかったですが、その立派さに驚き!と同時にホールの素敵なスタッフの方々のサポートにとても感謝です。

今回はロマン派、ラフマニノフのチェロソナタをメインにプログラムを作り、色んな小道具を駆使して子供達に楽しんでもらいながら、本格的なクラシックの音楽を聴いてもらえたと思います。
本当に想像以上の集中力で子供達が耳をすましてきいてくれたので、なんだか、逆に感動してしまいました。そして木江小学校では学校からのリクエストでアンコールに子供達と”花は咲く”を共演。子供達のあまりにも純粋で透き通るような声にこちらが感動をもらいました。ホールスタッフYさん(男性40代)ここで涙する。。。(゜▽゜)


そして最終日のホールでのコンサートには、その前に訪問コンサートで知り合った子供達が大勢来てくれました!今まであれだけたくさんの子供がホールに聴きにきてくれたのは初めてだったのでとっても嬉しかったです☆アクセスがあまり良くない場所だったので、14時開演のコンサートのために、朝から到着して図書館で時間をつぶしてまでもコンサートにきてくれた子供達もいました。そしてこれなかった子供からお手紙や貝殻のプレゼントなど、本当に心温まる素敵な思い出をもらいました。


大崎上島での一番の思い出は、神峰ホールのチームが最高のチームワークと愉快さで盛り上げて下さったことです。4日間の滞在で一ヶ月分は笑ったと思います。笑

来年1月に今治でコンサートをする際には船で駆けつけて下さるとの事ですが、、、とても楽しみです!笑

それから富山へ
[PR]
by nana-cello | 2013-10-03 20:20 | ☆アウトリーチ活動

おでかけアルカイックin 尼崎市

b0228469_1628641.jpg


去年からお手伝いさせて頂いている尼崎市アルカイックホールさん主催のアウトリーチプログラム”おでかけアルカイック”。今回は先月6月25日にピアニストのかえこさんにご一緒して頂き、立花西小学校へお邪魔してきました♪内容の充実した立派なホームページは校長先生自ら更新されているようです。

小学校でのアウトリーチでは、皆の知っている曲、楽器の紹介、楽器の魅力が表れる曲、本格的なクラシックの曲、楽しい曲(子供達はテンポの速い超絶技巧曲が好きな傾向にあります)、参加して共演できるような曲などといった内容のプログラムにしようとするとチェロのレパートリーとう枠でみると本当に曲が限られてきてしまいます。私達演奏家は同じようなプログラムを繰り返していても、子供達にとっては一生に一度かもしれない、そう思うと本当に気を引き締めて全力で一つ一つの本番をこなしたいと思うのですが、全く同じプログラムを繰り返すというのは正直演奏する側も辛くなってきます。

そこで毎回変化をつけたプログラムで子供達の反応を見ながら、と研究段階にあるわけですが、前回のおでかけアルカイックでは以前PACオケの弦楽四重奏でのアウトリーチコンサートですごくうけたアンダーソンのプリンク・プランク・プランクをチェロとピアノの二重奏で演奏しました。この曲を演奏するにあたり、まずは聴いていて楽しく、どこかで耳にしたことがある曲である点、それからチェロは摩擦楽器で弦を弓でこすって演奏すると説明しているのですが、色んな技法があり、ピッツィカートといってギター、ハープやお琴のように弦を弓ではじいて演奏する事もできるといった技法の紹介にもなります。曲の最初から最後まで弓は床に置いて、全てピッツィカートで演奏します。途中でグリッサンドや楽器をノックしたり、また小道具を使って色んなおもしろい音を出したりするので、見て楽しい、聴いて楽しいこの曲は子供達にも大人気でした。ただ、元々の楽譜がオーケストラや弦楽四重奏、ピアノソロのものしかなかったので、チェロとピアノ用に自分でバランスを考えて編曲するのはなかなか難しく、色んな技法などもまだまだ研究の余地があるように思います。次回に向けてまた試行錯誤です。

今回新たに課題となったのは、集中力を失った子供達へのアプローチの仕方です。
今回の小学校はなんと当日プール開きでもあり、午前のクラスは皆きびきびと元気で本当に集中力も高かったのですが、午後のクラスはプール開きがあり、給食を食べた後という事もあり、とても眠たそうな子供達が多く、質問も少なく、なんとなくだら〜んとした雰囲気になってしまいました。そこで目を覚ますような演奏とトークを出来なかった自分に反省。。。う〜ん、難しい。やっぱり同じプログラムを同じように演奏しても、その時の雰囲気に臨機応変に対応できるようにならねば、と考えさせられるのでした。

それから、今回の新しい試み・テーマは”自由”ということ。
音楽は算数や漢字のよみがなと違って答えがありません。その音楽をきいてどう感じるかは人それぞれちがっていて、自由だというところ。答えが決まっている質問は間違いを恐れてしまう傾向があります。特に、協調性についても学ぶ学校という場所で、自由さというのは限られているように思います。それを、音楽はむしろ隣の人と全く違う答えでいいということ、その日の自分の気分次第でも変化がでるというところ、そんな自由のおもしろさ、間違いへの恐れをなくす。そんなところが音楽の最大の魅力だと思います。勿論作曲家はそれなりのストーリーや自分の思いを曲に込め、演奏する側もなるべくその感情を正しく伝える事も大事なのですが、はっきりいって、きいている人がいい音だなとかいい音楽だな、とか何か心に残せる事が出来れば、それでいいのではなんて思ったりします。演奏側の解釈も自由であり、演奏者によってまた全然違う、その人の人間的個性がでれば、それがおもしろいのではとも思います。演奏を聴いているとその音にその人の性格が表われているようにも思います。お客さんもモーツァルトが好きで聴きにくる人もいれば、チェロが好きでききにくる人もいます。または私という人間と知り合うために来てくれる人もいるんじゃないかと思います。

音楽にはそんなたくさんの魅力があり、それを表現する可能性は無限大にあります。
魅力的な反面、何からどう手をつけていいのかわからなくなる事も・・・(O_O)そんなわけで秋から冬にかけてのプログラム作りに頭を悩ませ中です。orz
[PR]
by nana-cello | 2013-07-03 10:18 | ☆アウトリーチ活動

おんかつ@久慈市

地域創造登録アーティストとして、初めてのおんかつで岩手県は久慈市に行ってきました。
b0228469_23294116.jpg


子育て支援センター、久慈病院、保育・老人施設、小学校と4カ所でアウトリーチを行い、最後に久慈のシンボル、アンバーホール大ホールでリサイタルをさせて頂きました。

b0228469_23574979.jpg


たった3日の滞在でしたが、1週間分くらい充実した日々でした。
そして、本当にどこに行っても人が温かい!ホテルもお蕎麦屋さんもホールの方達も、お客さんも。

病院でのコンサートの後には、お話しが出来ないご老人がボードに”ありがとう”とメッセージを下さいました。保育園では子どもに”帰らないで〜”と引き留められて、後ろ髪引かれる思いで保育園を去りました。今回のおんかつでは本当にたくさんの人々に出会い、たくさんの温かいお気持ちを頂き、音楽を届けにいったはずが逆に私の方が感動を頂いたような。。。

More
[PR]
by NANA-CELLO | 2012-08-27 00:37 | ☆アウトリーチ活動