カテゴリ:未分類( 96 )

お知らせ

本日2回目の投稿。今更ながら携帯からの投稿に慣れてきたという。。笑

明日、日曜日20時20分より先月、大阪NHKホールで公開収録したリサイタルノヴァでの演奏とトークが放送されます。

b0228469_14255960.jpg




詳しくはコチラです↓
http://www4.nhk.or.jp/nova/






[PR]
by nana-cello | 2014-10-18 14:24

お花効果

演奏会などで花束を頂く機会も多いこの職業。でも普段自分で買って飾るなんてあまりしなかったのですが、最近周りの女子たちの影響を受けて時々お花を飾っています。
b0228469_13011324.jpg


b0228469_13014433.jpg


b0228469_13020362.jpg

これは大分前の梅雨シーズンの紫陽花



部屋が綺麗になるといいますが、本当にお花を飾るとその周りも片付けたくなるので、部屋を常に綺麗に保つ秘訣かもしれません!

玄関にお花があると、疲れて帰ってきた時の癒しにもなります。


風水とか運勢とか全く関心のない私でしたが、お花パワーはあるかもしれません。お花パワーで練習も捗らないかな。。笑

[PR]
by nana-cello | 2014-10-18 12:57

お肉パワーで体力挽回。


怒涛スケジュールが終わってからのお肉。なんだか順番を間違えましたが、久々にお肉だけを食べに行きました。笑

先日のコンサート打ち上げを兼ねて地域創造課長らに赤坂の美味しい焼肉屋さんでご馳走になりました。

b0228469_16503668.jpg


b0228469_16504941.jpg


b0228469_16505947.jpg


私はすこし遅れて参加したためか、途中から皆さんペースダウン。私1人で元気に食べ続けました。笑


普段家でもお肉を使いますが、毎日は食べていないし、扱いやすい豚肉の薄切りが多いので、牛肉をがっつり食べるのは久しぶり。炭水化物は一切とらず、お肉だけを豪快に頂きました!美味しかったです♫








コンサート情報アップしました↓

コンサートのお知らせ
[PR]
by nana-cello | 2014-10-16 16:45

コラボレーション企画

先日の代官山ヒルサイドプラザでのデュオコンサートと、後半のダンスとのコラボレーションの様子。


b0228469_10491111.jpg


b0228469_10492364.jpg


b0228469_10493261.jpg



b0228469_10494250.jpg



バッハのチェロ無伴奏組曲自体も舞曲がもとになっているとはいえ、演奏だけで非常に内容の濃いものなので、これにダンスをつけるというのは聴く側、見る側にとって疲れることもあるので、演奏だけを聴いてもらう部分と演奏にダンスが加わる部分と分けた演出にしました。ファリャも同様。

今回初めてダンスとコラボしましたが、視野が広がりました、色々可能性がある気がします♫

[PR]
by nana-cello | 2014-10-15 10:48

怒涛の日々がひと段落。

12日は読響の下呂公演に出演させて頂いていたので、岐阜まで出掛けていました。翌日は東京でコンサートだったので、せっかくの下呂温泉を楽しむ事は出来ず、同じく東京に戻られる方の車に乗せてもらい、深夜に帰宅。

バタバタでしたが、無事、代官山でのコンサートも終え、これを以って9月からの怒涛スケジュールがひと段落、昨日は夕方からワイン飲んじゃいました。(*^^*)

b0228469_11260796.jpg


b0228469_11264195.jpg



台風の影響で先週末まで開催が危ぶまれましたが、台風の速度が落ちたので昨日は無事開催。お客さんはやはり少なかったものの、温かい拍手が鳴り止まず、急遽アンコール。彩子さんが一応と思って持ってきていた白鳥の楽譜のおかげでアンコールに応える事ができました。

昨日はプログラム後半でコンテンポラリーダンサーとのコラボにも初チャレンジでしたが、なかなか成功だったと思います。また何か出来たらいいなと思います。

とりあえずこれから数日はぼ〜っとしたいです。笑






初めてのコラボレーション
[PR]
by nana-cello | 2014-10-14 11:20

10月13日のコンサート


3連休の最終日、来週10月13日月曜日の代官山のコンサートのために、今週はピアニストの彩子さんと桐朋学園でリハーサルをしています。

b0228469_11234793.jpg


彩子さんは、ベルリン芸大で出会った素晴らしいピアニストであり友人(先輩)で、東京で再会。最近一緒に演奏してもらっています。桐朋学園での指導で超多忙な中、たくさん時間を割いてとことんリハーサルに付き合ってくれるので本当に頭が上がりません。私にとってベルリン時代の友人は家族のような関係なので、その1人の彩子さんにも頼りまくりです。(。-_-。)

演奏だけでなくトークの内容なども打ち合わせしていますが、台風の接近で無事開催出来るか心配なところです。。

個人的にも12日の日曜日は読響下呂公演で、岐阜にいます。終演後、東京に戻り翌日にデュオのコンサート。岐阜からの移動も夜中になるので、色々不安です。全てうまくいきますように。(>_<)

今回のコンサートは、後半にコンテンポラリーダンサーとのコラボなどもあり、折角準備してきたので、晴れ女としては台風がそれる事を祈るばかりです。






コンサートの詳細はこちら
[PR]
by nana-cello | 2014-10-10 11:21

91分の3


アルカント(前回の記事参照)のマスタークラスを終え21時にびわ湖ホールを飛び出て、東京行き新幹線終電ギリギリ滑り込みで帰宅。(°_°)

翌日だった昨日はエキストラでよくお世話になっている読響の練習1日目でした。
b0228469_00022927.jpg


今回の指揮者は私が初めて読響の演奏会に出演させて頂いた時の指揮者でもあったスクロヴァチェフスキーさん。この日なんと91歳を迎えられたそうで、楽団員からハッピーバースデーの曲と91本の薔薇の花束が贈呈されました!そして何よりそのご高齢で来日されている事だけでも奇跡ですが、リハーサルは非常に細かく厳しくみっちり。。ちょっとした事で疲れたなんて言葉を発している自分が情けないです。

そして写真の薔薇は持ち帰れないスクロヴァさんから女性全員に3本ずつプレゼントされました。薔薇ってやっぱり力強いですね。そしてお花ってやっぱり頂くと嬉しいです。

明日は台風直撃なようで練習場に行くのが億劫です。。どうなるんだろう。。(>_<)


[PR]
by nana-cello | 2014-10-05 23:58

アルカントクァルテット公開マスタークラス

大津でのコンサートの翌日はびわ湖ホールで催されたアルカントクァルテットのマスタークラスのドイツ語通訳のお手伝いをさせて頂きました。

今や世界的にも名高いアルカント。ドキドキしていましたが、メンバーが到着後、全員と挨拶をさせて頂いたら、本当に気さくで楽しく、メンバーの仲が良すぎるくらいで見てるだけでも微笑ましい様子。一気に私の緊張も緩和されました。

今回のマスタークラスは少し特殊で、メンバー4人全員が前半と後半に2人ずつ分かれて指導にあたるというもので、メンバーも公開マスタークラス自体が初めてだとの事で、通訳の私にとってもなかなか大変でした。(O_O)

今回はメンバー3人がドイツ人で、チェロのケラスもドイツ語が堪能なので、レッスンの言葉はドイツ語、という事で私もお手伝いさせて頂いたのですが、やはりドイツ人はとにかく、喋ります。アーティストのインタビューなんかみてても、みんな、止めどなく滝のように喋るんです。なので、昨日は前半のヴァイトハースさんが特にレッスンに熱中するあまり、私が割り込む余地もないくらい喋ってくれたので、とっても大変でした。(T_T)

それでもメンバー全員が、それぞれの豊富なアイデアを受講生に向けて提案してくれ、彼らの音楽づくりを知る事が出来て私自身とても勉強させてもらいました。

ドイツ人の合言葉はやはりsprechen.(話す、喋る)"楽器を弾く"のではなく、"楽器で喋る"という表現をします。特にベートーヴェンは発音が命!くらいの勢いです。そのクリアな滑舌のために、弓の向き、場所、速度、量、全てをコントロールしなければならない、と話していました。私自身ベルリン留学中、ベートーヴェンツィクルスで有名なアルテミスクァルテットにレッスンを受けた時も同じような事を言われました。

〜タベア•ツィンマーマンの魅力〜、
[PR]
by nana-cello | 2014-10-04 18:22

クローズドコンサートin滋賀県大津市

昨日は、地域創造のお仕事の一環で、全国市町村国際研究所という場所の講義室でギタリスト松尾俊介さんとデュオでミニコンサートをさせて頂きました。


b0228469_11490754.jpg


b0228469_11585115.jpg



とても広い会場で、ホールとも違う環境だったので、リハーサルでは何度も録音しては聞いてを繰り返し、チェロとギターのバランスを研究しました。普段チェロはピアノやヴァイオリンなどと演奏する場合、一番聞こえにくい楽器なので周りにバランスをとってもらうことが多いのですが、ギターとチェロは音域も近く、コラボレーションとしては最高に美しい響きにはなりますが、気をつけないとなんとチェロがギターをかき消してしまうのです。録音を聞いて驚きました。ギターは近くで聞くととても音が大きく、クリアに聞こえるのですが、録音をきいてみると、チェロは逆に近くより遠くに音が届いているようです。

コンサートでは演奏の合間に地域創造のおんかつで、普段私達がどんな活動をしているかもお話させて頂き、たくさんの方々が興味深くきいて下さいました。

こうして少しずつ、おんかつが広まり、地域活性化が進んでいくといいなと思います。

こうした全国の市町村会議という場でたくさんの方々に活動を知ってもらうという意味で昨日のコンサートもとても良い機会となりました。全国の皆さま、アーティストを是非街によんでください♬



[PR]
by nana-cello | 2014-10-03 11:47

サントリーホール×ウィーンフィルin仙台




名古屋から一旦東京に戻り、翌日はサントリーホールスタッフの皆さん、それから館長の堤剛せんせい、ウィーンフィルメンバー、そしてドイツ語通訳として同行した私たち演奏家8名で宮城県は仙台、ジュニアオーケストラの子供たちの指導に行って参りました!

b0228469_15351942.jpg


メンバー集合写真

b0228469_15303596.jpg


私はヴィオラセクション担当になり、チェロセクションは演奏で同行されていた堤先生が通訳も担当されました。チェリストとして日本を代表される堤先生が親身に通訳して子供たちのサポートをしてらっしゃるお姿です。

ドイツ語が大好きでたくさん勉強した私にとって、こうして日本に帰国してからもドイツ語能力を活かせる場があり、しかもウィーンフィルやサントリーの皆さんとの交流、そして音楽を志す子供達との触れ合いが出来るお仕事に携われるこの環境に感謝です。実は来週はびわ湖ホールでも、アルカントクァルテット公開マスタークラスの通訳を務めます!緊張していますが、頑張ります!
[PR]
by nana-cello | 2014-09-29 15:21